Fxxkin'な日々を綴った日記。横浜は青葉台から発信中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■0205 / 怖い話
と言う題名にしてみたものの、今考えると全然怖くないっす。そんときは、超怖かったけど。

話は数日前にさかのぼります。多分木曜日の夜じゃなかったかと思われます。夜布団に入ってウトウトしてたら、突如、体全体になんか圧迫感が。声を出そうにもうまくいかず、やっと出した声が妙にディストーションのかかったような声に聞こえました。ほんでついには体が動かなくなりまして、俗に言う金縛りって奴ですね。実家にいた頃にも時々あったので、別に「ああ~またかよ~」て感じだったのですが、そこからが今までとは違いました。何かがお腹の上で飛び跳ねてる感触があるんです。ドン、ドン、と。お腹押されるんでそのたびに(自分の)声が出たりもしました。恐ろしくて目も開けられず、暫くすると、ス~っと楽になりましたが、「おーなんだ今の。」と思い、怖いんで布団かぶってそのうち眠りにつきました。

しっかし、今考えると全然怖くないんだこれが・・・なんでなんだろう。自分怖がりのはずなのに。ちなみに別に上からなんか落ちてきた、とかそういうタネ明かしもないですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。